自分を満たす

誰よりも大切な人。それが「自分」。


自分自身が満たされていなくて、他の誰を満足させる事が出来ると言うのだろう。


満たせれ溢れたものが、他者へと循環されていく。


先ずは、自分自身を最大限に可愛がるとことだ。

私であること

私は私であることを、最大限に楽しみたい。のだ。

そして、それが生まれてきた意味。

私を思い出すことが、私に戻ることが、目的。

比べ合う

他者と自分を比べても、それは、意味の無いこと。


自分の学びは、自分だけのもの。人と比べようが無いこと。


それを比べて、落ち込んだり、悲しんだり…。


比べるのならば、自分自身の成長具合。少しでも学びが進んだ事を、喜んだり、誉めたりすればいい。


いつも自分自身を大切に。大好きな自分をいじめてはいけない…と思う。

思い込み

思い込みは、思考を固めてしまう。


思い込みは、現実を変える力がある。


同じ思い込みだけど、その先は全く違うもの。

願う

嫌いな人、苦手な人、好きになれない人。


その人の事を考えると、心がざわざわします。


ざわざわは、自分の心を傷つけます。


本心ではなくても、その人の

「幸せ」

を願う。


最初は慣れなくても、そのうち慣れます。


願いは、自分も相手も傷付きません。

人間ですから。

この世に産まれて身体があるかぎり、悩んだり、喜んだり、好きになったり、嫌いになったり、憎んだり、愛し合ったり…。


色んな感情を味わう為に、身体がある。


それが、人間ですから。